加古川市志方町の歯医者 渡辺歯科医院

トップページ > コンセプト

初診からメインテナンスまでの流れです。

医療機関を受診したとき、必ず「検査」があると思います。なぜなら、検査をしなければどこに病気があってどれくらい悪いのかがわからないからです。そして検査結果より病気の診断を行い、治療方法が決まります。
歯科でも同じで、「検査」無くして診断は行えず治療方針も決定できないのです。

何本の歯がどれくらい悪いかによって、治療方法や治療期間・費用も変わってきます。治療は大きく分けて病気の原因を除去する「疾病治療」と失われた歯の形や機能を回復する「再建治療」に分けることができます。歯の病気は大きく分けると「むし歯」と「根の病気」と「歯周病」があり、これらが原因で抜歯に至ることがほとんどです。「疾病治療」はこれらの病気に対して行う治療です。

一方「再建治療」は病気が治った後に行うリハビリテーションの治療であり、これらが病気を治すわけではありません。つまり、被せ物や義歯、インプラントなどはリハビリ治療であり病気が治っていることが前提なのです。普通、体の病気をしたときに病気が治っていない状態でリハビリを始める人はいないですよね。
再建治療はもちろん重要ですが、そもそもの病気が治っているということが前提なのです。そして病気が治っているかどうかを判断するためには、やはり再度の検査が必要となります。

日本の歯科医療は現在も「再建治療」が中心で、本当に病気が治っているかどうか検査する機会は少ないように感じます。そして病気が再発するとその度に再建治療が必要になり、最後は治療不可能となって抜歯にいたり一本ずつ歯を失っていく・・という負の循環に陥ります。
「歯科医療はそんなもの」と患者さん側も医療者側も思っている場合が少ないのですが、果たしてそれが本当に患者さんの幸福に繋がるでしょうか?世界各国の文献や取り組みをみると、長期間にわたってむし歯や歯周病の再発の予防に成功しているケースがたくさんあります。

病気の再発予防の鍵は「治療後のメインテナンス」にあります
どれだけ時間と費用をかけて良い治療を受けても、正しいメインテナンスが行わなければ病気の再発を防ぐことは難しいのです。治療終了がゴールではなく、それを維持するためのスタートでありメインテナンスは一生継続する必要があります。しかし良好な状態を維持できればメインテナンスの頻度は年に数回であり、治療にかかる費用に比べればはるかに安く済みます。

そして良好な状態を維持するために最も重要なことは「普段の歯磨き」です。たとえ歯科医院で機械を使って完璧に歯をキレイにしてもらっても、むし歯や歯周病の原因である汚れ(バイオフィルム)は2,3日もすれば再度発生します。普段磨けていない場所があると、その部分は次の歯科医院の受診時までむし歯や歯周病の脅威に晒され続けるのです。よって、歯科医院を受診する目的の中で「歯磨きができていない場所を知り、磨き方を練習する」ということは大変重要な意味を持ちます。たかが歯磨き指導、と思われるかもしれませんが普段の歯磨きはどんな予防法にも勝る究極の予防法なのです。歯磨きの技術を向上させ、習慣化することはときに大変なこともあります。しかし患者様が自身のお口の健康を維持することの価値を見出し、健康を勝ち取られた時は私たちにも大きな喜びがあります。患者様の取り組みを全力でサポートできるような医院でありたいと思います。

これからの時代の歯科医院は、「予防」という前提のもとで既に発生している病気に対して高水準な「治療」を提供し、できる限り天然歯を保存できることが求められているように感じます。当院もそのような歯科医院を目指し、地域の皆様の健康を守ることができるように尽力してまいります。

当院では歯科医師・歯科衛生士が連携して歯周病・むし歯の再発予防に力を注いでいます。
患者様にとって、快適な癒しの空間となれる診療所を目指しています。

拡大視野での精密治療

診療用ルーペ
強光度のライト付きの診療用ルーペを必ず使用することで、肉眼よりも精密な検査・治療が行えます。今や「ルーペなしでは診療できない」と思えるほどに頼りになる存在です。

マイクロスコープ(手術用顕微鏡)
保険、自費診療にかかわらず必要に応じてマイクロスコープ(手術用顕微鏡)を使用することで、治療の精度が遥かに向上します。また術野の映像をカメラで記録できるため、患者さまへの情報提供にも威力を発揮します。
このような様々な恩恵を受けることができるマイクロスコープのような先端機器は、保険を含めた日常診療に普遍的に溶け込ませるべきものと考えております。



保険診療におけるラバーダムを使用した歯の神経の治療

日本の保険診療においては最初の根管治療が失敗した後の「再根管治療」の件数が異常に多く、その失敗の原因の一つに最初の治療においてラバーダムなどの無菌的処置が行われていないという事実が存在します。
根管治療においてラバーダムなどの無菌的処置は「大原則」であり、これらを無視してはどんな最先端の治療法を用いても根管治療の成功は期待できません。
このような日本の歯科医療の現状を打破すべく、世界基準の根管治療を目指して最先端の知識や設備を導入しています。

神経の治療とラバーダムについて「コラム」にまとめていますので、ぜひ参照していただきたいと思います。


器具の滅菌・消毒

訪れる患者さまのために使用する器具はそれぞれ滅菌パックにて密封し、完全消毒・滅菌しております。


また、お口のクリーニングの際に使用する歯ブラシは、それぞれの患者様専用の歯ブラシセットをお作りするため、新品の歯ブラシを使用しております。
専用の歯ブラシセットにはそれぞれにお名前を記載し、個々に洗浄・消毒・乾燥させていただきパックにて保管しております。


手指の消毒

術者の手指の消毒の徹底を目指しています。
新たに紫外線消毒乾燥器械を設置いたしました。
O-157、緑膿菌、サルモネラ菌など、手指を紫外線の殺菌灯にかざすことにより5秒で殺菌が可能です。


予約患者以外の受付

当院は基本的には、予約の方を優先とさせていただいておりますので、
突然予約なしで来院された方にはしばらくお待ちいただくかもしれませ
んが、必ず診察させていただきますので、ご了承ください。