加古川市志方町の歯医者 渡辺歯科医院

トップページ > WATANABEブログ

プロフィール



カレンダー
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
ページ ( 1 / 25 )
歯の働き
歯科のこと
院長 ( 2011-06-29 16:24:11 )





1.        歯の働き 

    
  ・切歯  (前歯)  物を噛み切る


  ・糸切り歯(犬歯)    噛みちぎる 切り裂く

  ・奥歯  (小、大臼歯) 臼と杵のようにすりつぶす

 
  以上のように歯の種類によってそれぞれ働きが違います。   


   

  例えば、スルメは、犬歯で短く切り裂き、せんべいは前歯で小さく割って、臼歯で十分に細かく噛み砕いているうちに唾液が十分に分泌し、消化酵素を出して胃に運ばれます。

  奥歯で物を噛むと、こめかみのあたりの筋肉(側頭筋)がピクピク動き、前歯で噛んでると動きません。

  
ピクピク動くのを確認しながら30回奥歯でよく噛むことが大切です。


 

2.        嚥下(えんげ)〈飲み込むこと〉

  上下の唇をしっかり閉じないと唾や物を飲み込む事ができず、ペチャペチャしゃべっていると飲み込めません。

 

 

しっかりと口を閉じて奥歯で30回かむようにしましょう。

コメントを書く  
ページ ( 1 / 25 )