一緒に働きませんか?採用情報 アクセス

コンセプト

当院の感染予防対策について

当院は、『ウィズコロナ』『アフターコロナ』の時代を見据えて、新型コロナウィルスやその他の感染症から患者様の安全を守るための環境を整備しております。
感染予防対策についてご紹介いたします。

新型コロナウィルス不活性化が実証された紫外線殺菌装置を導入

あらゆるウィルスが不活性化する効果が立証された
紫外線殺菌装置Care222™を全国に先駆けて導入しております

当院は、人体に影響がない紫外線による空間殺菌技術を搭載した『Care222™』を全国の歯科医院に先駆けて、各ユニットチェアと待合室に計7台導入しております。
『Care222™』はノロウィルスや芽胞菌などのアルコールや薬剤が効きにくい菌や、あらゆるウィルスの不活性化に力を発揮します。
広島大学病院感染症科、広島大学大学院医系科学研究科ウイルス学のグループの研究によって、照度0.1mW/cm2の222nm紫外線を30秒間照射で、99.7%の新型コロナウイルス不活化を確認しております。

セントラルバキュームシステム

削りかすが室内に拡散しないよう、セントラルバキュームシステムを導入してエアロゾル感染対策を施しております

歯を削る際に、強力な吸引力で削りカスやエアロゾルなどの汚染物の飛び散らないようにセントラルバキュームシステムと、天井から除菌された空気を供給するエアロクリーンシステムを導入しております。
セントラルバキューム方式は治療時に発生する細かい粉塵(ふんじん)を吸い取るだけではなく、歯医者特有の不快な臭いも吸い込み、快適でクリーンな診療室を保ちます。

ウィルスの除去に効果のある空気清浄機の設置

当院では新型コロナウイルス感染の拡大を防ぐために、ウイルスを除去する作用を持つ空気清浄機を導入しています。

治療で使用した器具は患者様ごとに個別で滅菌

訪れる患者様のために使用する器具はそれぞれ滅菌パックにて密封し、完全消毒・滅菌しております。
また、お口のクリーニングの際に使用する歯ブラシは、それぞれの患者様専用の歯ブラシセットを作製するため、新品の歯ブラシを使用しております。
専用の歯ブラシセットにはそれぞれにお名前を記載し、個々に洗浄・消毒・乾燥させていただきパックにて保管しております。

診療中のスタッフはフェイスガードを使用

当院のスタッフはフェイスシールドを使用して、飛沫による新型コロナウイルスへの感染を予防しています。

各ユニットチェアにパーテーションを設置

診療室では各ユニットをパーテーションで区切り、半個室としてプライバシーを保護しています。完全個室と異なり開放感や換気性がある点も大きなメリットです。

受付にはビニールシートのバリアーを設置

医院の受付では、飛沫の飛散を防止するためにビニールシートを設置して、受付や会計時の感染リスクを低減しています。

診療で使うものは可能な限りディスポーザブルを採用

衛生管理の観点から、スタッフが使用している医療用のグローブは患者様が変わるたびに廃棄して新しいものを着用します。また、患者様が使用する紙コップやエプロンもディスポーザブル(使い捨て)化しています。さらに、口腔内のクリーニングに使用するシリコンカップやブラシ、治療で使うマイクロブラシなども含めて、可能な限りディスポーザブル化して衛生的な運用をしています。

診療時間内の院内の換気・消毒を定期的に行います

診療ユニット周辺は患者様が入れ替わるたびに除菌していますし、各種機器類も徹底して除菌や滅菌を行います。また、換気には常に気を配り、扉や窓を開放するなどしています。さらに除湿器や空気清浄機などをフル稼働してウイルスが不活性化する環境を作り、ウイルス感染症の防止を心がけています。

診療のコンセプト

困ったとき、いざというときに頼れる歯医者

歯科医院に行くと、「口腔内のケアが十分でないことを注意される」と思っている方も多いのではないでしょうか。当院は地域の皆様にとって通いやすい場所であるように、明るく温かい雰囲気を大切にしています。また、患者様の痛みや悩みに寄り添いながら、一緒にお口の健康を向上していくことを目指しています。
また、当院は基本的には、予約の方を優先とさせていただいております。突然予約なしで来院された方にはしばらくお待ちいただくかもしれませんが、必ず診察させていただきます。

病気を再発させないところまでたどり着くこと

歯科医院は歯を削って被せるところと思っている方も多いかもしれません。しかし、当院は治療の後に、再発防止のメンテナンスにつなげていくことを重視しています。また、そもそも治療の必要が無いように、予防を呼び掛けて地域の皆様のお口の健康を守ることこそが、一番の役割だと考えています。そのためにも来院される皆様に、治療だけでなくむし歯や歯周病の原因を知っていただき、予防の具体的な方法をお伝えすることに励みます。
歯科医院で定期的にプロケアを受け、セルフケアのレベルを上げていけば、むし歯や歯周病のリスクは大幅に下げることができます。ぜひ当院と一緒に予防に取り組みましょう。

当院の特長

再発させないための治療

どれほどキレイな詰め物や被せ物を装着しても、悪い部分の除去が十分でなければむし歯が再発して再治療が必要となります。当院は患者様に不快な思いをさせることが無いように、マイクロスコープなどを用いた精度が高い治療で再発防止に励んでいます。
マイクロスコープは肉眼では見えない細かい部分まで見ながら治療ができる機器で、むし歯に侵食された箇所を除去する際や、歯周病を悪化させる歯石などを除去する際に大きな助けになります。また、検査をていねいに行って問題の根源をしっかり見極めることや、患者様の生活習慣を確認して、改善すべき点を探していきます。
さらに、患者様のお口の状況に応じたブラッシングケアを指導して、再発のリスクを確実に小さくしていきます。無駄な再治療をしたくないと思う方は、ぜひ当院をご利用ください。

なるべく抜かない『歯を残す』治療

歯は食事をするための機能だけでなく、話すことにも大きく関連しています。そのため、年齢が上がって歯を失うと、食べる喜びやコミュニケーションの楽しさも薄れる傾向があります。
当院は患者様がつらい思いをすることができるだけ少なくなるように、できるだけ歯を削らず、抜かず、残していくことを大切にしています。
しかし想いがどれほど強くても医療技術が高くなければ歯を残すことはできません。特に歯の根をキレイにする根管治療は技術力と経験、設備と忍耐力を必要とする治療です。当院はこれまでに培った全てを注ぎ、一本でも多く歯を残すことに誠意を込めています。

根管治療

歯の神経が通っている細い管の感染を取り除くことを根管治療と言います。根管は非常に細く折れ曲がっていることもあるので肉眼では見えません。そのため以前は歯科医師の経験と勘で治療していました。
しかし、現在は双眼ルーペやマイクロスコープなどで必要な部分を拡大してみることができますし、歯科用CTで立体データを得ることもできます。またラバーダムという道具を使って、口腔内の雑菌が侵入することも防いでいますから、根管治療の精度は大きく向上しています。

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所

「かかりつけ機能強化型歯科診療所」とは

かかりつけ機能強化型歯科診療所(か強診)とは、治療はもちろんのこと、予防や管理に必要な設備や体制が十分に整っており、継続的な口腔管理でむし歯や歯周病の予防を行える歯科医院です。認定に必要なさまざまな条件をクリアしており、一人ひとりの症例に合わせて、むし歯や歯周病を目的にした治療を、長期間にわたって提供可能です。フッ素塗布やPMTCなど、より専門的なケアも保険診療で気軽に受けられます。当院はこれからも、か強診認定の歯科医院として一人ひとりのお口の健康に寄り添い、いつまでもご自身の歯で食事を楽しめるようにサポートしてまいります。

「かかりつけ機能強化型歯科診療所認定制度」に認定されるためには

どのクリニックでも認定されるわけではありません。
以下の条件が必要となります。

  • 歯科外来診療の安全対策に関する研修を修了した常勤の歯科医師が在籍している
  • 適切なメインテナンスができる常勤の歯科衛生士が在籍している
  • 緊急時に対応できる設備・器具(AED・救急蘇生薬剤など)・体制が用意されている
  • 緊急時にも対応できる設備や機器(AED・酸素供給装置など)が備わっている
  • 訪問診療や歯周病安定期治療などに関して1年以内の一定以上の実績がある
  • 高齢者の口腔機能維持管理や緊急対応等の研修を修了した常勤の歯科医師が在籍している
  • 滅訪問診療に対応する医療機関、介護・福祉関係者と連携している
  • 院内感染防止や滅菌に必要な設備が充実している

患者様にとってのメリット

  • むし歯や歯周病予防に必要な専門的なメインテナンスも、保険診療で毎月受けられます。
  • PMTC(歯のクリーニング)が、予防治療として保険診療でご利用いただけます。
  • 歯質を強化するフッ素塗布も、保険診療で毎月受けられます。

か強診の認定を受けている歯科医院は、さらに充実した治療とケアで、むし歯や歯周病のより効果的な予防が期待できます。治療をしなければ症状がどんどん進行し、回復に時間がかかる恐れもありますので、気になる症状を放置せずに当院をできるだけ早くご利用ください。

英語でも対応可能

当院には、国際線の客室乗務員の経験のある歯科医師が在籍しており、英語対応が可能です。
言語の違いから、ご自身の症状や感情を担当のドクターにうまく伝えるのに悩んでいるという方は是非お越しください。

We can speak English, so if you are suffering from language differences, please come and visit us.

ページトップへ