一緒に働きませんか?採用情報 アクセス

ブログ

カテゴリー:

ブログ

原理・原則にもとづいた根管治療

根管治療を行う際は、ラバーダムなどの器具を用いて「無菌的環境」で処置を行うことが重要です。根管内に唾液と一緒に細菌が侵入してしまうと、血流の無い根管内では免疫反応が起こらず細菌が増殖し、感染が生じてしまいます。

この症例は当院にマイクロスコープが導入される前に低倍率のルーペを用いて治療を行いましたが、ラバーダムなどの原理原則をしっかり守り処置を行うことで、かなり大きな病変であっても治癒傾向を示しています。

当院では現在、保険診療においてもラバーダム・マイクロスコープを使用し、成功率の高い根管治療を実践しています。

ページトップへ