instagram
youtube
twitter
一緒に働きませんか?採用情報 アクセス

ブログ

カテゴリー:

診療内容

被せ物の高い適合精度

歯の被せ物は高さや色だけでなく、被せ物と歯の境界部分(マージン)の適合の精度がとても重要です。
この部分の適合精度が悪いと段差となり、汚れがたまってむし歯や歯周病が進行するおそれがあります。
当院では被せ物を作る際、保険診療・自費診療にかかわらず型取りの段階で「歯肉圧排」という方法を用いて型取りしています。それによって歯と被せ物の境界部分が明瞭になり、歯科技工士が適合精度の高い被せ物を作ることが可能となります。
さらに実際に歯に装着した状態でマイクロスコープを用いてマージンの適合を確認しています。

ページトップへ